Top > 教育 > 汗をかいた時の対処術について

汗をかいた時の対処術について

汗をかいた時の対処術について紹介します。会社の営業で帰ってきて、社内で大切なお客様と商談をしないといけないのに、なかなか汗が止まらなくて焦ってしまいました。

社内は節電モードであまり冷房も効いていない上に、炎天下で30分以上も歩いて帰ってきたので当然といえば当然ですが。しかしお客様の前では汗だくでギトギトした自分を見せたくありません。やはり営業マンは第一印象が大切です。

相手に清潔な印象を与えるためにも、汗を止めなければなりません。タオルで顔や首筋を始終拭いているのに汗が止まらないといった経験のある人は、特に外回りの営業職の人の場合は少なくないと思います。

しかも会社の車が出払って使用できない時は、電車やバスなどの公共機関を利用するのに歩かなければいけません。そんな時に効果的な方法がテレビで紹介されていたのをやっと思い出しました。それは手首の内側を冷たい物で冷やすという方法です。

缶ジュースや冷え冷えのおしぼり、保冷剤をタオルで巻いて使用するなど、手首を冷やせる物なら何でもOK。私の場合は会社の冷蔵庫にあったポカリスエットの小さなペットボトルで対処しました。

おかげでお客様が来社する頃には、汗がだいぶ引き、ギトギト顔もさっぱりした状態になり一安心しました。

http://www.jonesandleva.com/

教育

関連エントリー